グラバー「謎解きツアー」&「深入りツアー」

​日本の近代化の父:グラバーをめぐる、ニーズに応じて楽しめる2つのツアー

幕末の開国までの約220年間、オランダを通じて世界へ開かれていた唯一の窓口だった長崎。

今、長崎には「明治日本の産業革命遺産」「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」という世界遺産も二種が類点在しています。

​また、日本新三大夜景に連続でトップに輝き、世界新三大夜景にも認定されている美しい景色が目の前に広がっています。

異国情緒が薫る、豊かな歴史を持つこの長崎の「海と坂」には、日本人と異国の人との交流の喜びと、悲しみのドラマが数多くありました。

ほとんどの幕末の志士たちも長崎を目指し、ここに集って未来を語り合い、そして現代へと至る日本の近代化の礎を創ったのです

​そして、彼らが共に語り合い、この長崎から日本の近代化へ大きな貢献を果たしたのが「トーマス・ブレイク・グラバー」でした。

単なる西欧化でなく、日本の有力な武士や商人たち、維新の若者たちと心を開いて交流を重ね、西欧列強に追いつけ追い越せという明治日本の転換期に惜しみない援助をしました。

〇プランA:「謎解きツアー」では、グラバーと彼に関わった様々な偉人達に焦点を当て、グラバー園を歩きながら広く日本の近代化とは何かを楽しいクイズ形式で知ることが出来るツアーです。

〇プランB:「深入りツアー」では、グラバーの生い立ちから晩年に至るまでの人物像と足跡、そして知られざるグラバー家の人たちのことまでを超詳しく知ることが出来るツアーです。

とても魅力にあふれたグラバーの謎を解き明かすツアーに出かけてみませんか?